注文したつまみがなかなかこない居酒屋

アウトですね。二度と行かないでしょう。入店後、10分ほど音沙汰なし。

やむなくこちらて注文するも、ビールすらなかなか出てこない始末。

どことはハッキリは書きませんが、もしそのお店に行こうとする人がいたら全力で止めます。

「〜なことがあるからべつのお店探したほうが良いよ」

って。

コースで頼んでたんですが、最後は呆れてしまうほど。まだデザートが来てないのに会計のシートを持ってきてしまうという。その前に注文した飲み物も来てないし。

よく営業していけるよな〜と。

でも、黙ってても客が入る場所ってあります。繁華街の駅近がその場所。今回予約した居酒屋もそういう場所でした。

ちなみに食べログでも3.4以上でした。

ともかく私と同じ空間にいた人はもう行かないし、おすすめもしないでしょうね。

遅いことにまだフォローがあれば良かってんですが(とは言っても遅すぎるけど)。

もうこんな店員しかいないならサッサとAI化して欲しい。その方が精神衛生上も良いかなと思う。

いずれはそうなる可能性もありますね。料理は人間が作るとしても給仕、ホール担当はAI。回転寿司みたいなシステムもいいな〜とも思います。

逆に人間が注文取ったりするお店は気遣いが出来たり、かゆいところに手が届くプロフェッショナルなサービスをするものになりそう。

完全二極化パターン。

そうなると、中途半端なところは無くなっていきますね、おそらく。意味がないから。

外国だとそれが当たり前なんですよね。ホスピタリティというか、それはお金を出して受け取るサービスであって、スマイル0円のようなものではないという。

日本はサービス業はほぼ人対人の対応はサービス0円でやってきているから、それが当たり前に感じているけど。

海外、特に欧米の人が日本の行き届いたサービスを見ると「え?そんなことまでしてくれるの?」なんて、逆に呆れられるほどという場合もありますしね。

海外なんかだと遅れたって謝らないし、ぶっきらぼうですからね。それが当たり前だからそこに何の感情も湧きませんけど。我々日本人がそれに接しても「ああ、そういうもんだな」で終わり。

だけど日本で同じことされると「ちょっと違うんじゃないの、君〜」となる。

なんだか長文タラタラになってしまったけど、居酒屋はとりあえず最初のビールくらいは早く持ってきて欲しいです。

居酒屋2018 (柴田書店MOOK)

googlead

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする