免許証のパスワード

事情があって免許証のパスワードが必要になったんだけど、すっかり忘れてしまい近くの警察署へ行ってきました。

免許証受付窓口でパスワード忘れた旨を伝えると、脇にある免許証照会端末でとりあえず思いつく番号を入れてくれと。

3回間違えるとロックされるんですが、ロック後に受付でロック解除後に新たなパスワードを設定するという流れです。

で、端末に色々入れてみました。自分の誕生日だとか、思いつく番号を色々。

ちなみに免許証のパスワードは全部で8桁になっていて、4桁ずつ設定します。最初の4桁を入れると住所などが紹介でき、あとの4桁を入れると顔写真も紹介できる仕組みです。

私の場合はパスワードでいつも利用している番号を入れたら、最初の4桁は当たり。じゃ、次の4桁はなんだろう?と誕生日を入れたら外れ。

色々入力してあと1回やったらロックされる状態のときに、隣いた担当のおじさんがこう言いました。

「同じパスワード入れてみたら?」

入力してみたらドンピシャでした。やるな、おじさん!

そういえば、免許証にICチップが入ったときに特にこだわらなければ後の4桁は最初の4桁と同じになったような気がする。

そんなことはすっかり忘れていました…

年中そういう人を見ているから、そういうアドバイスができるってことですね、多分。

ということで、後ろの4桁は最初の4桁のパスワードと同様になっていることが多々ありそうなので、もし後ろの4桁がわからないって場合には最初の4桁のパスワードを入れてみると当たるかもしれません。

まぁそうそう免許証のパスワードが必要な場面ってないですけど。

免許証のパスワードの確認は運転免許センターや最寄の警察署で確認できます。ただし、自分の住所が登録されている管轄じゃないと照会してくれないかもしれませんので確認が必要です。

googlead

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする