怒りという感情

今まさに怒りを爆発させそうな気分だったとします。

そんな時、気になる異性から話しかけられたら?

もしくは、仕事で大事な相手から電話がかかってきたら?

恐らく、怒りのテンションはどこかに置いて、対応できるはずです。

怒りのテンションで応対はしないと思います。

これだけ見ても「怒り」はコントロールできる感情だと分かります。

怒りは二次感情と言われています。

つまり、一次感情があってこそ「怒り」が発生するからというもの。

一次感情の理由が分かれば、なんで怒りが湧いたのかが理解できます。

だから怒りの理由をまずわかるようになることが大切。

例えば、電車内で足を踏まれた時。

痛いと思ったから怒ったのか?

人の足を踏んでおいて、謝罪がないから怒ったのか?

怒りの理由を常に考えるようにしておくと、かなり怒りはコントロールできるそうですよ。

でもたまにはライブに行って騒いだり、カラオケなどで思い切り声出したり、スポーツやヨガなどで、体の中にあるものを発散することも大事ですね。

好きなことをするという意味ではゲームとかもいいんですが、あんまりストレス解消や体のデトックスにはならない気がします。

楽しくても、脳や目をかなり使うので逆にストレスが溜まったりもします。

それより10分程度の散歩の方が、スッキリしますよ。

悩みが消える「勇気」の心理学  アドラー超入門

新品価格
¥1,404から
(2018/1/30 10:02時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする