真面目な人が成果を上げるか?

答えはそうとは言えない、かな?

成果をあげる人もいれば、そうでない人もいる。

だけど、重要なのは、

「真面目=成果があげられる」

ということではないこと。

真面目に、一所懸命に、並々ならぬ努力をしたって、全く成果が出ないこともあります。

ただ、その原因が成果をだすことから「ズレて」いるのだとしたら?

ズレをなくせば、成果が出るはずです。

ここら辺の「やり方」って、できる人に聞いたほうが早いと思うわけです。

自分自身で試行錯誤して結果を出すことに否定はしませんが、できる人、センスのある人に聞いたほうが時間短縮になります。

ただ、その人が「説明ができる人」に限りますが。

いわゆる「天才型」の人だと、自分が努力もせず、意識もせず出来てしまっているので、他人に説明できないでしょう。

だから、本が役に立ちます。
客観性がありますしね。

毎日料理を作っていたとしても、

・上手くなろうと思って作っている

・日々惰性で作っている

では雲泥の差。

だから、料理歴10年といったって
「質」が異なれば同じ10年でも
内容は大分違います。

この時に、聞く人を間違えなければ、
学び方を間違えなければ、
時間短縮と同時に
「正しいやり方」が手に入ります。

あとは日々の精進。

間違った努力をするほど
怖いことはありません。

何かをガムシャラにやる
ポテンシャルって
すごい重要だと思います。

だけど、
どんなやり方で行くか?

は考えたほうが結果が出やすくなります。

これは自分自身への戒めでもありますが( ̄▽ ̄;)

できる人はこんなことやっているよ、
というので、かなり参考になります。

「ラクして速い」が一番すごい